糸貫柿振興会
富有柿のご注文
柿通信
イベント情報
過去ニュース
富有柿豆知識
収穫から出荷まで
柿レシピ
本巣音頭
特定商取引法
リンク
お問合せ
糸貫柿振興会
わが岐阜県は富有柿の産地です 糸貫柿振興会「富有柿・おふくろ柿の販売・柿情報」
柿通信
平成22年10月号 今年の収穫状況

 皆さま、私ども産地では、今早生富有柿柿の生産出荷に勤しんでおります。
 皆さまにお待たせしてきました富有柿につきましては、本年は着色の遅れが見られ、本来23日に予定していました目揃え会が1週間延び、30日に行う予定となっております。
 したがって、本格的な富有柿の出荷も1週間ほど遅れる年となりそうです。
 大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解よろしくお願い申し上げます。

以下には、産地での一生産者の生産の取り組みを、かいつまんでご紹介いたします。

<1月>
 
 さて、仕事は?と言うと、1月4日から剪定作業も始め、12日から21日まで、皮剥き機を借りて、雪の降る日も頑張って皮削りを行いました。<動画1><動画2>

 
 フジコナカイガラや樹幹害虫対策が主なのですが、右にあるように、今年借りた畑に至ってはイガムシが硬い殻を作って越冬しているので、それを洗い落とす対策にもなりました。


<2月>

 
 これは、2月8日9日と北陸へ糸貫柿振興会の柿生産者慰労会に、出かけた際の写真です。160名くらいの参加がありました。

 
 左は柿畑の排水が悪くなったので、溝堀をしている写真と、皮むきをしてもなお樹皮の下に潜んでいる樹幹害虫の写真です。


<3月>


さて柿はと言うと、今年からのフジコナカイガラムシ対策の新技術のジノテフラン(成分名)塗布作業を3月22日、26日と行いました。これに先駆け柿の幹のあたりを再度削る作業をあらかじめして、

 
 左の写真にありますように、薬をバケツに溶いて刷毛でぬる作業をしました。<動画ー塗布作業>


ただ、残念なことに22日はすごくいい天気だったのですが、23日夜半から雨がパラパラと降り始め、1日けっこう雨が降ってしまった事です。普及員の話では、塗布後最低でも24時間晴れ続けていないと…効果が低くなるとのこと…大丈夫か?…
 ただ、後の26日の場合はその後2-3日天気が良かったので、救われました…。


<4月>

 
 柿はと言うと、4月中旬から芽が吹き始めました。例年より、遅れて…と思っていたのですが、普及員の話では、ここ数年が進んでいただけで、普通だそうです。でもまだまだ蕾が小さいため、5月1日の摘蕾講習は、口頭での説明のみでした。


<5月>

 
 摘蕾も例年より7日遅れくらいで行っています。ミツバチも導入され、忙しくなって来ました。


 この写真の赤丸のように、余分な蕾を摘み取っていく訳です。右は、今年はカメムシの大発生の年のようで、クサギカメムシが圃場でも見られました。


<6月>

 
 さて、柿は…と言うと、家内に任せっきりだったのですが、見直し摘果の時期で、赤丸で囲んだ孫花や、変形果を落とす作業を27日には手伝う事が出来ました。


 ただ、"今年は柿がよく落ちた…"と言う話も聞きますし、気になるところです。


 蒸し暑いのは大変嫌なのですが、この湿気が多いのが、写真の羽黒トンボなどは好きなんだろうな…。


<7月>

 
 柿畑はと言うと、草がまた伸び放題だったので暑い時間を避け21,22日にモアーで草刈しました。


 上は24日の摘蕾摘果検査の目揃えの様子と、

 
 25日から28日まで行った柿の潅水の様子です。<動画―柿畑潅水7/25>

 
 これは、27日に行われた柿の共販の研修会で、加藤委員長の柿栽培のこつの話を聞き、夜は長良川の鵜飼船で宴会を行いました。


<8月>

 
 柿はと言うと、少し大きくなったような気もしますが、日照りのため日焼けした柿が目立ち始め、

 
潅水すると草は伸び、モアーで草刈しないといけませんし、あまり雨が降らないので、30日からまたポンプを引きずり出して潅水を始めた圃場もあります。


 その隣は8日朝5時起きで農地水環境の草刈を自分の担当場所を早々に終え、高山に"奇跡のリンゴ"で有名な木村秋則さんの講演を聞きに行った際の写真です。

 
 この3枚の写真は、和歌山県で行われた柿の全国大会参加の様子で、高野山の宿房に泊まり、翌日は圃場視察でした。




<9月>

さて柿はと言うと、2日に早秋柿の目揃え会を糸貫選果場前で行われました。
<動画―早秋柿の目揃え会 いとぬき10/2>


 しかし、特に早秋柿は着果数が少なく、昨年の2割程度とききました。


 また、早生富有柿、富有柿については、どうやら小玉傾向にあり、1階級?か2階級昨年より小さいのと…、日焼けの被害も相当あり製品率が低くなる…と聞きました。厳しいようですが、これが現実のようです。  
太陽をたっぷり浴びた富有柿シーズン到来 お買い求めはこちら!